求人募集が出た時にメールでお知らせしてくれる便利な方法 → 詳しくはこちら


Top >  助産婦(じょさんぷ)とは? >  助産婦(じょさんし、Midwife)とは?

助産婦(じょさんし、Midwife)とは?

助産婦(じょさんし、Midwife)とは、

妊産婦の頼れる相談役であり、生命の誕生に立ち会える感動的な職業です


具体的には女性の妊娠、出産、出産後の各時期において

必要な介助・アドバイスを行ないます


助産婦は陣痛が始まったら、お産の進み具合を見ながら

必要な介助を行い、産婦と赤ちゃんが持つ自然なメカニズムで

出産できるようにケアしてあげます


助産婦は自己の責任において分娩介助をする事が出来ます


戦前は「産婆」(さんば)、戦後は「助産婦」(じょさんふ、じょさんぷ)と

呼ばれていましたが、


2002年3月1日に従来の

「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産婦看護師法」に変更されたため

看護師や保健師とともに助産婦に改められました


しかし、看護師や保健師と異なり、女性にしか受験資格が

与えられていないため、助産婦は全員女性です


なお、妊婦の内診、分娩介助、臍帯(へその緒)の切断が

単独で出来るのは医師と助産婦のみです


その他に、助産婦は胎児の死亡診断なども単独で行う事が出来ます


また、助産婦は女性のためだけでなく、

家族及び地域社会の中にあっても健康カウンセリングと

教育に重要な役割を担っています


その活動には産前教育と親になるための準備が含まれ、

さらに、家族計画及び育児にまで及びます


また、助産婦は「助産院(助産所)」を自ら開業することが出来ます

最近は家庭内や助産所における"自然な出産”への注目が

高まっており、助産婦の活躍できるフィールドは再び広がり始めていますよ


それでは、これ以降はもう少し詳しく助産婦の事について

説明していきます


【このサイトへ来られた方へぜひ見てもらいたい情報ページです】


■日本にはどのくらいの助産婦がいるの?


■助産婦の年収はどのくらい?


■どうやったら助産婦になれるの?


■では実際に求人募集先を探してみましょう!


しっかり情報を蓄えてぜひ、あなたの夢を実現して下さいね

陰ながらこのサイトはあなたを応援しています^^


-----------------------------------------------------------------------------------


■日本にはどのくらいの助産婦がいるの?


厚生労働省から発表された、保健・衛生行政業務報告によると

2004年時点で、実際に就業している助産婦の数が

約2万5000人だそうです


そのうち約3分の2の1万7500人の助産婦が病院勤務です

開業している人も意外に多いですね


■助産婦の年収はどのくらい?


助産婦は、看護師の資格を持ち、さらに助産婦の資格を

持つ事になるので、看護師に比べて給料は高いです


気になる年収ですが、

助産婦の平均年収は約500万円前後になります


■どうやったら助産婦になれるの?


助産師になるためには看護師免許(または看護師国家試験受験資格)取得後

助産師学校等の助産師養成校で最低6ヶ月以上の教育を受け

助産師国家試験に合格しなくてないけません


ちなみに、助産師の合格率は約99%です


現在は、4年制大学に助産師コースを設置する大学が増加しています

助産大学院も開設されるほどです


助産師になるためにまずは、こういった大学専門学校の情報を

いくつか取り寄せて勉強する必要があります


病院側で経営している大学専門学校などは

そのまま就職して、仕事することも可能です


では、その情報の取り寄せ方ですが

リクルート進学ネット』を利用します


@サイトに入ったら、左真ん中の「将来の仕事を調べる」をクリックします

A次に、左下の青文字の「医療治療」をクリックします

B次に、「助産師」をクリックして「所在地」を選んで検索ボタンでOKです

※気になる学校があったら「まとめてリスト」ボタンを押してキープしましょう


この段階は、あくまで資料集め(情報収集)なので

希望地域以外も資料請求していいと思いますよ


行きたい学校が必ず見つかるはずです!!

学校が決まって、無事入学出来れば、ほぼ間違いなく助産師になれます

つまり、学校さえ見つかれば、80%は夢が実現したも同然です!!


頑張ってくださいね!!


■では実際に求人募集先を探してみましょう!


助産婦の活躍出来る場所はたくさんあります

人材自体も不足しているので求人は比較的多いです


ただ、探した後にまた良いのが出てくる事もあります

そこで、ある一定に条件を設定して、あなたにあった

最適な求人募集をお知らせしてくれるサービスを利用しましょう


求人情報の情報収集の一環としても、GOODです

オススメな所はナース人材バンクです

なんといっても求人数が他と比べても郡を抜いています

(※もちろん助産婦の求人もあります)


まずは、「お仕事紹介サービスに登録」ボタンから

無料会員登録します

その際、いろんなご希望条件を入力出来ますよ


これで、あなたに最適な求人情報を受け取る事が出来ますね

ぜひ、いろいろ検討してあなたに合った職場を見つけて下さいね!

         

助産婦(じょさんぷ)とは?

関連エントリー

助産婦(じょさんし、Midwife)とは?